So-net無料ブログ作成

SQL Server 2008 に ODBC 接続するための設定

1.SQL Serverのリモート接続の許可
2.SQL Serverのネットワーク設定
3.SQL Server Browserの設定
4.Windowsファイアウォールの設定

 

1.SQL Serverのリモート接続の許可(デフォルト=許可)

   1.スタート > すべてのプログラム > Microsoft SQL Server 2008 R2 > 構成ツール > SQL Server Management Studio
   2.オブジェクトエクスプローラー > HostName\SQLEXPRESS を右クリックし、プロパティを開く
   3.ページの選択 > 接続 を開く
   4.右ペインで "このサーバーへのリモート接続を許可する" をチェックして [OK] とする

2.SQL Serverのネットワーク設定

   1.スタート > すべてのプログラム > Microsoft SQL Server 2008 R2 > 構成ツール > SQL Server 構成マネージャー
   2.SQL Server 構成マネージャー(ローカル)> SQL Server ネットワークの構成 > SQLEXPRESSのプロトコル
   3.右ペインのプロトコル名で、"TCP/IP" と "名前付きパイプ" を右クリックし、"有効化" を行う

3.SQL Server Browserの設定

   1.スタート > すべてのプログラム > Microsoft SQL Server 2008 R2 > 構成ツール > SQL Server 構成マネージャー
   2.SQL Server 構成マネージャー(ローカル)> SQL Server のサービス
   3.右ペインのサービスで、"SQL Server Browser" を右クリックし、プロパティを開く
   4.[サービス]タブの開始モードを "自動" に変更
   5.[ログオン]タブの[開始]ボタンをクリックし開始する
   6.右ペインのサービスで、"SQL Server(SQLEXPRESS)" を右クリックし、"再起動" を実施する

   ※ SQL Server Browserとは
     SQL Server は、複数の名前付きインスタンスをサポートし、個別のポート番号を動的に割り当てる。
     各インスタンスは、そのポート番号で待機し、クライアントからの要求に応答する。
     SQL Server Browserは、UDP 1434ポートを使って、個々の名前付きインスタンスのポート番号を通知する。

4.Windowsファイアウォールの設定

   1.スタート > コントロールパネル > Windowsファイアウォール
   2."Windowsファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する" をクリック
   3.[設定の変更]ボタンをクリック、続けて[別のプログラムの許可]ボタンをクリック
   4.[参照] から以下のプログラムを追加
         C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50.SQLEXPRESS\MSSQL\Binn\sqlservr.exe
   5.許可されたプログラムの一覧に[SQL Server Windows NT]が表示されたことを確認して、[OK]   

   6.[詳細設定]ボタンをクリック
   7.[受信の規則] > [新しい規則]をクリック
   8.「規則の種類」で "ポート" を選択し [次へ]
   9.「プロトコルおよびポート」で "UDP" を選択、特定のローカルポートに "1434" と入力し [次へ]
   10.「操作」で "接続を許可する" を選択し [次へ]
   11.「プロファイル」で全てチェックして [次へ]
   12.「名前」で、任意の名前をつけて [完了]
   13.続けて [新しい規則]をクリック
   14.同様に、"TCP" で "1433" を許可する設定を行い [完了]

(Windows Server2008 R2, SQL Server 2008 R2 Express) 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます